予防歯科

PMTCについて

PMTCとは、日常の歯磨きでは落としきれない歯の汚れを、専用機器で綺麗にクリーニングすることです。

歯石などを取り除いた後に、お口の状態をみながら、複数のペーストや器具を使い、歯の表面を滑らかに磨くことで、歯石や着色がつきにくい状態にすることができます。また磨いた後ににフッ素を塗布することで虫歯になりにくい歯質を作り上げます。

予防の重要性

一度虫歯や歯周病になってしまうと、ある程度は治療によって修復が可能だとしても、完全に元の状態に戻すことはできません。トラブルが起きて治療を受けた歯は、確実に寿命が短くなっていきます。できるだけ自分の歯を長持ちさせるためには、日頃からしっかりと予防やメンテナンスを行って、歯の治療を行わずに済むようにすることが大切です。自分の歯で美味しくものを食べることができれば、健康な体を維持できて、脳の活性化にも繋がります。「歯が痛くないのに歯医者に行くの?」と思われるかもしれませんが、結果的に患者さまにとって金銭的、身体的な負担が少なく済みますので、そういう意味でも予防は患者さまにとって大きなメリットを生むと言えます。

かかりつけの歯科医を持つメリット

かかりつけの歯科医院がない方は、痛みを感じた時だけその場しのぎの治療をしたり、治療途中で通うのをやめてしまってそのままの状態になっていたりということが起こります。重症化した虫歯や、中途半端に治療を施したままの歯があると、歯が破折するリスクを伴い、最終的には抜歯するしかない状態にまで追い込まれることも考えられます。かかりつけの医院があれば、虫歯や歯周病も早期に発見して対処できます。若いうちからお口の健康に高い意識を持っている方は、人生の後半にさしかかった60代以降でも自分の歯で美味しい食事を楽しむことができます。かかりつけ歯科医院は、お口の健康と若々しさを目指す方の強い味方です。

歯を失ってしまった時の対処について

歯を失った場合の対処法として、一般にブリッジや入れ歯という方法が採られています。最近ではインプラントも選択肢の一つとなりました。ブリッジは天然歯と同じ感覚でものを噛むことが可能ですが、健康な歯を大きく削らなくてはならず、二次的な虫歯も起こりやすくなります。装着したばかりの時は歯ぐきとぴったり合っていても、時間が経つと顎の骨が次第に痩せていく「骨吸収」が起こるために、歯ぐきと歯の間に隙間ができて審美的な問題が生じます。入れ歯は咀嚼能力が落ちるという特徴があり、天然歯を100パーセントとすると30パーセント程度しか噛めなくなってしまう点が大きな欠点です。さらに、入れ歯は粘膜とその下の血管を圧迫するために、骨吸収の進行を促します。歯を失った際は、複数の治療法の中からそれぞれのメリットとデメリットを考えた上で選択することになりますが、しっかりと予防をしていればそのような決断を強いられることもありません。そのためには日々のメンテナンスについて見直すことから始めることが大切です。

精密で信頼のおける予防歯科

当院の予防歯科の特長としては、歯科医師だけではなく歯科衛生士もサージテル(拡大鏡)を装着して治療にあたっていることが挙げられます。肉眼では難しい細かい部分まで見ることができるので、歯石の取り残しや虫歯の見落としがなく、精度の高いメンテナンスが可能となります。検診のために来院された際にも、衛生士だけがお口の中を見るということはなく、必ず医師による診察も行っています。歯科衛生士と歯科医師とでダブルチェックを行うことで、正確かつ綿密にお口の中を確認しています。予防の効果を更に上げるために、歯ブラシを使っての歯磨き以外に歯間ブラシやフロス、デンタルリンスなどの補助用具を使用したケアについても詳しくお伝えしています。

Before

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

After

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

  • 歯に関するお悩みはお気軽にご相談ください ▲…土曜午後は18:00まで ■…日曜午後は17:00まで  祝日休診歯に関するお悩みはお気軽にご相談ください ▲…土曜午後は18:00まで ■…日曜午後は17:00まで  祝日休診
    • お盆・お正月も休まず診療しております 0567-31-3902

      bottom_spimg02.png

    • 矯正・インプラントの無料相談も受け付けております 24時間WEB予約受付中矯正・インプラントの無料相談も受け付けております 24時間WEB予約受付中