一般歯科・根管治療

虫歯治療、根管治療で心がけていること

虫歯の治療や根管治療で最も大切なのは、感染部分を確実に取り除くということです。虫歯の進行度を確認する際には、まず初めに歯の色と硬さをチェックします。当院では全ての医師がサージテル(拡大鏡)を使用して、健康な歯質と虫歯になった歯質を正確に見分けています。硬さについては、虫歯の部分は歯が柔らかくなっているため、低速の機器で削れるかどうかを確かめます。最終的な確認にはう触検知液(虫歯検知液)が役立ちます。う蝕検知液とは、細菌が侵入した部分だけを染めて取り除くべき部分を教えてくれる薬液で、取りきれていない虫歯の箇所を目で確認しながら確実に除去することが可能です。取り残しがあると虫歯が再発するおそれがあるため、感覚だけに頼らずに必ず薬液も使用して完全に除去ができたかどうかを見極めることを心がけています。

治療の先延ばしや中断をすると……

初期の段階を過ぎた虫歯が自然に治ることは決してありません。「それほど痛くない」「今は忙しいから」と考えて治療を先送りにしていると、虫歯はどんどん進行していき、最終的に抜歯という選択肢しかなくなる場合もあります。また、途中まで治療を進めていたにもかかわらず、痛みを感じなくなったからと通院をやめてしまい、行きづらくなってそのままにしてしまう方もいらっしゃいます。例えば根管治療を行っていて、入り口に蓋をしてあっても中がほぼ空洞になっている状態の歯では、ものを噛むと荷重がかかって破折してしまう危険があります。蓋の部分は仮につけているだけなので、ある程度時間が経つと密閉性が薄れ、せっかく綺麗に消毒した内部が再感染することも考えられます。治療がゼロに戻ってしまうと、身体的にも経済的にも患者さまに大きな負担がかかります。少しでも痛みや違和感を感じたら、できるだけ早く来院して診察を受け、最後までしっかりと治療を終わらせることが大切です。

歯の神経を抜くかどうかの判断

神経を抜くべきかどうかの判断は、レントゲンの結果と患部の状態を元に最善の結果を出せるよう慎重に決めています。できる限り神経を残す方向では考えますが、虫歯の進行や痛みの度合いによっては神経を抜かざるを得ない場合もあります。判断が難しいケースでは、「1か月」という期間を目安としています。1か月間の患者さまの臨床症状を判断材料として、症状が変わらないかさらに重くなる場合には、神経を抜く処置が必要だと判断して患者さまにもそのようにお伝えします。改善傾向にあるようなら神経を残したままで治療を進めます。1か月以上強い痛みが続いて、その部分で噛むことができないような状態であれば、患者さまのストレスも大きいので、神経を残すよりも抜いて適切な処置を行う選択をしています。

抜歯をするかどうかの判断

抜歯をするかどうかの判断においては、「患者さまがどうしたいのか」が一つの分岐点となります。医師が抜いた方がいいと考えたとしても、患者さまが抜きたくないというご意向であればその気持ちを尊重しています。できるだけ歯を抜かない治療を目指してはいますが、残したことで周囲の健康な歯に悪い影響が出るようなケースでは、医師としては抜歯をおすすめすることもあります。その旨をお伝えした上で、それでも患者さま側に「抜かずに残しておきたい」というご希望があれば、抜歯はせずに経過を見ていきます。歯ぐきの部分が大きく腫れてきたり、痛みが強くなったりした場合には、もう一度抜歯の必要性について検討します。抜歯した場合と残した場合のそれぞれのリスクを詳しくお伝えし、患者さまのお気持ちを優先しながら、最善の方法を考えていきます。

歯の治療を受けた後の注意点

神経を取らない程度の治療の後

元々痛みのなかった軽度の虫歯が、削って詰める治療を行った後に痛みを感じることがあります。「治療をしたのに痛くなったのはどうして?」と不安を感じられるかもしれませんが、歯を削ることで神経が過敏になって痛みを伴うことはよく起こります。虫歯を取り除くために歯の内部にある象牙質部分を削ると、刺激が与えられて一時的な痛みが生じるのです。治療後数日間、多少の痛みや違和感が伴うのは自然なことです。人よりも神経が張り出ている方の場合は、浅い虫歯の処置でも神経の症状が出やすくなります。治療後にお口の中に違和感を感じられたら、しばらくの間は様子を見ていただき、2~3日が経過しても痛みが続く時にはご来院ください。

神経を取る治療をした後

歯の中の神経を抜くと痛みを感じなくなるというイメージをお持ちの方がいらっしゃいますが、必ずしもそうではありません。神経が残っていなくても、治療の刺激によって痛みが引き起こされることは多く、歯の根の周りに軽い炎症があったり、網目状の細い神経が残っていたりという場合にも痛みを覚えます。神経の治療を行うとしばらくは多少の痛みが残ることが普通であり、むしろすぐに痛みがなくなる方が珍しいケースと言えるでしょう。痛みが気になる場合には痛み止めを服用していただき、いつまでも痛みが止まらない場合はご来院いただくようお願いしています。

奥歯の治療をした後

奥歯に対して、ブリッジや差し歯を入れる処置などの噛み合わせが大きく変わる治療を行った際に、帰宅されてから高さが合わないように感じられることがあります。院内では噛み合わせの紙や医師自身の指などを使用して客観的な指標を元に調整と確認を行っていますが、最終的には患者さまご自身の感覚が頼りになります。普段の暮らしや食生活において噛み合わせに違和感がないか、生活の中で確認していただけたらと思います。当院でそのような治療を行った時には、様子を確認するために必ず後日ご来院いただく形を取っています。治療後の経過を見届けて、必要があれば歯石の除去などとあわせて噛み合わせの再調整を行っています。なお、奥歯に何らかの治療を施すと、最初は必ず違和感を伴うものです。奥歯の治療中にその部分で噛まないように意識していても、食べているものが多少入ってくることは避けられず、その際に痛みや違和感を感じるのは自然なことなので、治療中に感じる違和感に関しては治療が完了するまで様子を見ていただくことをお願いしています。

サージテルを使用した精度の高い根管治療

根管治療は、根管(歯の根の中に通っている神経や血管の入った管)の奥に入り込んだ菌や、虫歯に感染した神経、血管などを取り除く処置で、歯を残すために重要な治療です。根管は細くて複雑な構造をしているために、肉眼で全てを把握することは困難です。当院では口腔内のすみずみまで拡大して詳細に確認できるように、全ての医師がサージテルを使用して治療にあたっています。特に奥歯の場合は、複数に枝分かれした根管が広がっており、入り口もとても小さいために処置の難易度が高くなります。サージテルの導入によって、正確かつ安全な根管治療を実現しています。

根管治療を行った後の注意点

根管治療では、根尖(こんせん)と呼ばれる歯の根元の先端部分に至るまで細かい処置を行うため、数日間から長い方で1週間ほど鈍い痛みを感じることがあります。また、根管治療の途中の段階で、治療箇所で強く噛んでしまうと歯が破折する危険性があり、治療が終わるまでは強い力をかけないよう意識していただくことをお願いしています。複数回の来院が必要となる根管治療は忙しい方には負担が大きいと思いますが、治療を中断してしまうと再感染や破折のリスクがあり、次は抜歯になってしまう可能性が高くなりますので、最後まで治療を受けることが大切です。

  • 歯に関するお悩みはお気軽にご相談ください ▲…土曜午後は18:00まで ■…日曜午後は17:00まで  祝日休診歯に関するお悩みはお気軽にご相談ください ▲…土曜午後は18:00まで ■…日曜午後は17:00まで  祝日休診
    • お盆・お正月も休まず診療しております 0567-31-3902

      bottom_spimg02.png

    • 矯正・インプラントの無料相談も受け付けております 24時間WEB予約受付中矯正・インプラントの無料相談も受け付けております 24時間WEB予約受付中