小児歯科

お子さんの歯を守るためには保護者の方の意識から

子供の虫歯は、家庭環境に左右される割合がとても大きいと言えます。大人でさえ奥歯をしっかり磨けている方は少ないのが現状であり、小学校の中学年程度までのお子さんにとっては、自分で歯ブラシを器用に使ってすみずみまで磨くことは難しいものです。そこで保護者の方が丁寧に仕上げ磨きを行うことが求められます。おやつの時間をしっかり決めずにダラダラと食べ続けていたり、甘いものばかりを好んで食べていたり、ジュースを飲む量が多かったりという食生活の子は当然ながら虫歯になりやすいですが、同じ生活をしていても保護者の方が朝昼晩と仕上げ磨きをして、定期的に歯科医院でフッ素塗布を行っている家庭では、虫歯の数がぐっと少なくなります。お子さんの健康な歯を守るためには、保護者の方の正しい知識と、子供の歯に対してどれだけ興味を持てるかがポイントになります。

無料でフッ素塗布を行っています

お子さんの歯を虫歯から守るための有効な手段として、定期的なフッ素塗布が挙げられます。当院ではお子さんを対象に、無料で3か月に1回のフッ素塗布を実施しています。歯磨き粉の10倍ほどの高い濃度でフッ素を塗ることにより、歯質を強化して虫歯になりにくい歯にすることが可能になります。3か月に1回のペースであればフッ素過剰摂取の心配もありません。お子さんの歯の健康を維持するために習慣付けていただくことをぜひおすすめします。

治療を怖がるお子さんには

当院では、嫌がるお子さんに無理やり治療をするようなことはありません。時間をかけてトレーニングしていくことで少しずつ慣れていっていただいていますが、保護者の方としてはできれば進んで治療を受けてほしいと願っていることと思います。幼稚園や保育園で実施される歯科検診で泣く子がほとんど見られないのは、周りの子も受けているからという集団意識が働くためです。同様に、ご兄弟で来院されている患者さまの場合は、治療を受けている様子を横で見ていてもらうことで、下のお子さんが「お兄ちゃんができるなら僕だって」と泣かずに治療できることがあります。待合室に同じぐらいの年齢の子が待っているのを目にしただけでも励みになることも多いようです。誰しも嬉しいことが後で待っているとわかるとモチベーションが上がるもので、治療中に「これができたらボールの遊び場に行こうね」といった声がけをしたり、治療を最後まで受けたお子さんには頑張ったご褒美としてノートなどの文房具をプレゼントしたりと、お子さんが前向きに通院できるようさまざまな工夫を施しています。

仕上げ歯磨きを嫌がるお子さんへの工夫

仕上げ磨きを断固として嫌がるお子さんは多いものです。無理やり押さえて仕上げ磨きをすることが正しいのかどうか悩まれている保護者の方もいらっしゃると思います。しかし、乳歯が虫歯になると永久歯の歯列不正や虫歯などのさまざまな悪い影響を引き起こすため、たとえ泣き叫んで拒否していても、しっかりと仕上げ磨きを行うことがお子さんのためには必要です。最初は多少押さえるような形でしていたとしても、だんだん慣れてきますので、根気よく続けていきましょう。少しでも進歩が見られた時には思い切り褒めてあげることが大切です。時には小さなご褒美を用意してあげることもモチベーションアップに繋がります。

乳歯の虫歯を放置していると…

乳歯の虫歯を「いずれ抜けるから」と考えて治療しないままにしていると、さまざまな悪影響が出てきます。腫れて痛みが出てくる状態に続いて、前歯に黒い穴があくなど、見た目の上での不都合が生じます。乳歯の下の部分には、いずれ生えてくる大人の歯である後継永久歯が控えていますが、乳歯の頃に虫歯菌があまりにも増えた状態になっていると、その後生えてきた永久歯の形が悪くなったり、歯の表面が変色したりする場合があります。また、それぞれの乳歯にはおおよその使用する期間が決まっており、それに合わせて永久歯が出てくるようになっていますが、重度の虫歯などで早いうちに乳歯を抜歯して、永久歯が生えるまでに時間差ができてしまうと、歯並びの乱れを引き起こします。一生使う永久歯や整った歯並びのためにも、乳歯の虫歯を見逃さずにしっかりと治療することが大切です。

かかりつけの歯科医院を持つことのメリット

かかりつけ医を持って定期的に通っているお子さんは、数か月おきのフッ素塗布や丁寧な歯磨き指導を受けることで口の中の環境が整い、虫歯ができても早期発見と治療が可能です。また、保護者の方が気づかない歯並びの乱れも、歯科医師がプロの目で見抜いて早めの対処ができるというメリットもあります。逆にかかりつけの医院がないお子さんの場合、虫歯が大きくなってしまったり、多発してしまったりということが起こり、歯肉炎の罹患率もぐっと上がります。かかりつけ医の存在は、お子さんのお口の健康にとって頼もしい味方となります。

歯についての年齢別のアドバイス

0歳~3歳

この頃のお子さんはまだ噛み合わせが確立されていません。顎の位置も定まっていないので、周りを笑わせようと変な顔をしたり、下顎を必要以上に前に出したりするようなことを繰り返していると、反対咬合(下の歯が上の歯より前に出ている受け口の形)を引き起こす場合があり、注意深く見守る必要があります。

3歳~6歳

乳歯の噛み合わせは3歳前後で確立し、その噛み合わせを基本として5歳ぐらいまで過ごすことになります。小学校に入学する頃には6歳臼歯が生えてきて、生え替わりが開始します。きちっとしたブラッシングやフッ素塗布、仕上げ磨きの習慣をつけておくことと、歯医者に慣れておいて、虫歯ができたら口を開けて治療ができるようにトレーニングしておくことで、永久歯の生えはじめの虫歯になりやすい時期を乗り越える準備が整います。この頃には自我が芽生え、保護者の方の目が届かないところで甘いものを口にする機会も増えてきます。お口のケアの必要性を親子で確認し、実践していくことが大切です。

6歳~12歳

乳歯から永久歯へと生え替わりが進んでいきます。この年頃のお子さんを持つ保護者の方からは「なかなか大人の歯が生えてこない」という不安の声を非常に多く伺います。しかし、レントゲン写真で乳歯の下に永久歯が映っていればほとんどの場合は問題なく生え替わるので、あまり心配なさらずに見守っていただければと思います。クラスでも背が高い方で、成長曲線の上でも早熟なお子さんは生え替わりが早い傾向があります。レントゲン写真で生え替わりの状況を確認することで、体全体の成長について遅咲きのタイプか早熟なタイプかということも見極められ、生え替わりに関しても冷静に判断できます。生え替わりについて心配な保護者の方に対しては、お子さんのお口の中の状態とあわせて、発達の進行と、標準の生え替わりと比べて早いか遅いかということについて詳しくお話しさせていただきますので、お気軽にご相談ください。

怪我をした時の応急処置について

歯の怪我で来院されるお子さんも多くいらっしゃいます。大切なことは、自分で判断せずにできる限り早く歯科医院に来ていただくことです。怪我で歯が抜けた場合は、牛乳につけて持ってきていただくと歯を戻す治療(再植)ができる場合があります。牛乳がない時には飲み込まないように頬の横の部分に歯を入れてお持ちください。歯をぶつけて位置が移動してしまった時も、その日のうちに整復して固定すれば元通りにできる可能性が残っています。そのまま何もせずにいると不正な噛み合わせのままで固定されてしまうので、早めのご来院をお願いします。レントゲンで現状を確認し、できるだけの処置の行います。

  • 歯に関するお悩みはお気軽にご相談ください ▲…土曜午後は18:00まで ■…日曜午後は17:00まで  祝日休診歯に関するお悩みはお気軽にご相談ください ▲…土曜午後は18:00まで ■…日曜午後は17:00まで  祝日休診
    • お盆・お正月も休まず診療しております 0567-31-3902

      bottom_spimg02.png

    • 矯正・インプラントの無料相談も受け付けております 24時間WEB予約受付中矯正・インプラントの無料相談も受け付けております 24時間WEB予約受付中