スタッフブログ

2020.03.15更新

歯周病は、プラークとよばれる口腔内に繁殖したネバネバした細菌の塊によっておこります。したがって、歯周病を予防するには 歯や歯肉、口腔内を清潔に保つことがきわめて重要です。

歯周病の予防方法は、歯ブラシ、デンタルフロス、歯間ブラシ、ワンタフトブラシなど清掃道具を使って口腔内の清掃を行うことがもっとも効果的です。ただし、磨き方によってはプラークを残したままになってしまい、歯周病や虫歯を引き起こしてしまいます。
歯周病予防の洗口剤も販売されていますが洗口剤でうがいをしただけでは、歯周病の原因菌は死滅しません。
歯と歯肉の境目に潜んでいる歯周病菌は、多糖体でできたネバネバした物質を作り出し、バイオフィルムという膜を作り出します。そのため、洗口剤の殺菌作用が及ばず生き残る歯周病菌が出てくるためです。また、うがい薬を多用することによって、口腔内の健康維持に必要な「常在菌」と呼ばれる菌が減ってしまうことも考えられます。そこで、まずは正しい方法できちんと歯磨きをすることが何より重要です。

正しい歯磨きを行う上でのポイントは以下のとおりです。


1:できるだけ新しい歯ブラシを使う。
およそ2週間に1本、最低でも1ヶ月で交換されると良いでしょう。 


2:正しい力加減で磨く。
ごしごし強い力で磨くと、歯や歯肉を傷めてしまい、歯肉が退縮したり歯がすり減ったりしてかえって逆効果です。


3:歯ブラシを細かく動かすことを意識する。
歯周病の原因になるプラークは、ポケットと呼ばれる歯と歯肉のすきまに潜んでいます。そのため、細かく歯ブラシを動かし、1本ずつ歯と歯肉の境目を磨くように意識することが大事です。ごしごし歯ブラシを大きく動かして磨くと、磨き残しが出来るばかりか歯がすり減ってしまい、かえって歯の健康を損ねることになりかねません。

ちなみに当院では、定期検診毎に歯石除去などクリーニングの他、歯周病検査、歯磨きチェックと歯磨き指導もしっかりさせていただいております。

 

投稿者: ウエダ歯科クリニック

2020.03.15更新

2020.3

投稿者: ウエダ歯科クリニック

2020.03.01更新

こんにちは。歯科助手の松山です。
今回は、歯磨きの仕方はもちろんなんですが、むし歯が出来てしまう仕組みについてお話ししたいと思います。

甘いものを控えてるはずなのに、むし歯になってしまうとお悩みの方。
それは甘いものの《食べ方や飲み方》に問題があるのかもしれません。

飲食後、お口の中では、細菌の生み出す酸や飲食物の酸により、歯の成分が溶け出し(脱灰)その後、時間をかけて唾液が成分を歯に戻していきます(再石灰化)。
溶かす力が戻す力を上回る状態が長時間続くと、むし歯になります。

このとき、甘いものの「量」以上に、食べる「頻度や時間」が問題となります。

砂糖を含む飲食物の摂取回数が多くなるほど、それだけ歯が溶ける時間が増えるのです。
ひっきりなしに甘いものがお口の中にあると、唾液が歯を修復する時間が取れません。

ですから、飴を絶えず舐めてたり、砂糖を含むドリンクをチビチビ飲んでいたりすると、むし歯になりやすいのです。
野菜ジュースやスポーツドリンクなど、身体にいいとイメージをお持ちのものにも、意外にも砂糖は多く入っていますので、《食べ方や飲み方》に気を付けてみて下さいね。

投稿者: ウエダ歯科クリニック

2020.02.01更新

こんにちは。歯科衛生士の冨田です。

突然ですが、簡単に虫歯を減らす方法があります。

フッ素入り洗口液でうがいしてはきだすだけです。


簡単ですし、これなら出来ると思いませんか?
歯磨きした後の仕上げに使っていただくんですが、ぶくぶくうがいしてはきだしたあとはお口をゆすぐ必要もなく、お口の中にフッ素が残って効果が高くなります。
フッ素洗口は厚生労働省がガイドラインをつくって全国の都道府県に周知している虫歯予防法です。
愛知県でも730の保育園・幼稚園、358の小学校でおこなっています。


フッ素洗口は大人にも効きますがじつは4歳くらいからはじめるとすごく効果が高いといわれています。
小学校から始めた場合の虫歯予防率は38.8%で、4歳からだとなんと78.9%だったという研究結果もあるそうです。
「うちの子の通ってるとこではやってないなあ、残念!」という方は歯科医院でやり方の説明を受けて、ぜひおうちで始めてみてください。

 

2020.1

投稿者: ウエダ歯科クリニック

2020.01.18更新

歯医者にかかる理由として、歯が痛くなって歯医者にかかるようになる方がほとんどだと思います。そして虫歯を取り除いてみて、小さければ詰め物を、大きいと被せ物、いわゆる銀歯となります。さて、銀歯にして虫歯が治りました。そこで終了、というわけにはいかないのです。

被せ物をした歯は作り物の歯ですから、天然歯より強いと思われる方がいらっしゃいますが、そうではありません。あくまで元の歯の機能と形を人工的に復元させたものです。なので大事なのは見えない歯茎の中にいるご自身の歯なのです。

ではそのご自身の歯を長持ちさせるために大事なのは、やはりメンテナンスです。被せ物をしてその後、変わりなく歯磨きをしているとまた虫歯になってしまうかもしれません。
被せ物と天然歯の継ぎ目は、段差がないようにピタリと合わせるように作ります。ですが、この継ぎ目はちょうど歯茎の溝のなかに位置します。この場所は歯垢歯石が溜まりやすい場所になりますので、ていねいに磨いていないとたちまちに歯石歯垢が溜まってしまって、のちに虫歯になってしまいます。また、もし虫歯になってしまった場合、被せ物があるため外から発見しずらく、悪化させてしまうかもしれません。
なので歯科検診等のメンテナンスを受けていただけると、未然に防げたり、早期発見ができるかもしれません。歯が痛くないと歯医者に行く足は重いかもしれませんが、一度歯医者にかかったら、せっかくなので歯科検診を定期的に受けられたらいかがでしょうか。

投稿者: ウエダ歯科クリニック

2019.12.30更新

寒い日が続いていますが、体調崩されていませんか?
インフルエンザも流行っていますので、引き続き、手洗い・うがいを徹底しましょう!

 

当院の年末年始の診療時間は以下の通りとなっております。

・12/30,31:午前のみ診療

・1/1,2      :休診

・1/3,4      :午前のみ診療

(1/5〜通常通り診療)

急なお口のトラブルでお困りの方は、お気軽にお問い合わせ下さいflower2

 

投稿者: ウエダ歯科クリニック

2019.12.15更新

[日本人の国民病]とも呼ばれるようになった糖尿病。その数は予備軍まで含めると2000万人を超え、40歳以上の4人に1人が発症、もしくはその疑いがあると言われています。

〜どんな病気?〜

糖尿病とは、血液中の糖の量を調節するインスリンの分泌や働きが悪くなり、血糖値が高い状態のままになってしまう病気です。症状を放置すると、神経や腎臓、目に障害が起きたり、動脈硬化による心筋梗塞などにつながります。そのため、患者さんは血糖値のコントロールが欠かせません。

〜歯周病治療で血糖値が改善〜

歯周病を治療することによって、血糖コントロールの指標となるHbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)の値※
が、改善されたという報告が複数挙がっています。なかには重度歯周病を治療することで、その値を最大1%ほど改善できるという内容も。
HbA1cが1%改善すると壊疽(えそ:体の組織が腐ってしまうこと)による手足の切断を40%以上、心筋梗塞や脳卒中は10%強を予防できるそうです。

〜口の中から糖尿病が診断できる⁉︎〜

糖尿病患者の特徴の1つに歯の喪失が多いことが挙げられます。そこでコロンビア大学では、まだ糖尿病と診断されていない患者を対象に口腔内の状況から糖尿病をスクリーニングする試みが行われました。結果、①喪失歯が4本以上ある②歯周病ポケットの26%以上が5㎜以上という診断に。さらにHbA1cが5.7%以上あれば確率が92%まで上昇するという報告がもたらされています。

※HbA1c判定の目安
5.6%未満…正常
5.6〜5.9%…要注意
6.0〜6.4%…糖尿病が否定できない
6.5%以上…糖尿病

当医院では、歯周病認定医が在籍しており、歯周病に力を入れております

病は口から。。お口の中の健康が全身の健康に繋がるのですね!

投稿者: ウエダ歯科クリニック

2019.11.15更新

こんにちわ。歯科助手の加藤ですflower2

最近、とても寒くなってきましたね。
無意識に歯を食いしばってしまうことも多いのでは ないでしょうか。


今回は、歯ぎしりと食いしばりについてお話したいと思います。

歯ぎしりとは上下の歯をギリギリと擦り合わせてしまう状態のことで、寝てるときにしてしまうことが多いです。
食いしばりとは上下の歯で強く噛みしめている状態で、集中しているときに起こりやすいです。

どちらも無意識にしているケースがほとんどで誰かに指摘されないと自分では気づかないこともあるのではないでしょうか。


歯ぎしりすると

・歯がすり減ってしまう
・顎関節症の原因
・肩こりや頭痛の原因
・知覚過敏になりやすい
・歯周病の悪化   

一例ですが、このような危険があります!en


お子様の歯ぎしるが気になる方もいらっしゃると思いますが
小児の歯ぎしりは
咬み合わせやストレスが原因です。
ただし、

・睡眠不足
・不規則な生活習慣
・騒音のある部屋で寝ているため眠りが浅い

などで、より悪化する要因となりますので気を付けてください!


大人の方は寝るときに装着するマウスピースを作ることによって 歯や顎を守ることもできます。
普段からなるべく食いしばらないよう意識することも、とても大事です。

マウスピースは当院でもお作りできますのでお気軽にご相談くださいねstar

投稿者: ウエダ歯科クリニック

2019.11.01更新

こんにちはdog歯科衛生士の滝澤です。

今回は、「口臭と歯周病」についてご説明したいと思います。

 

口臭の原因として次の4つが考えられます。

1.口腔(お口の中)が原因

2.生理的なもの

3.病的なもの

4.食餌性によるもの

 

1.口腔(お口の中)が原因

口臭はほとんどが口の中の病気が原因で、一番考えられるのは歯周病です。過去の研究でも歯周病と口臭には高い関わりがあることが知られています。
歯周病で歯周ポケットができるとこれは細菌の格好の住みかになり細菌の中でも嫌気性菌は代謝の過程で硫化水素やメチルメルカプタンを産生します。これが悪臭のもとになります。
また、虫歯で空洞ができ、食べ物が入り腐敗して、悪臭を放すこともありますし、歯磨き不良により、歯垢や食物残渣によるものや舌苔がついている場合も口臭がおきます。
また唾液が少ないのも原因です。

 

2.生理的なもの

朝起床時や空腹時、女性の場合月経時やその前後ホルモンバランスの不調、緊張時に口臭を感じるときがあります。生理的口臭には日内変動がみられ、ゼロ(無臭)になるということはありません。
私たち人間は生きている限り、毎日食事をし、口の中ではさまざまな代謝が行われているので、無臭でいることはありえません。

3.病的なもの

鼻疾患、呼吸器疾患、消化器疾患、糖尿病、肝臓病など全身の病気やストレスで起こる口臭もあります。


4.食餌性によるもの

ニンニク、ニラなど臭いの強いものを食べたり、アルコールや喫煙によりいったん体内に取り込まれ臭いの元になる成分が胃の中で消化され血液を介して全身に循環し肺を経由して吐き出されることによる口臭があります。
あまり神経質になる必要はなく、他人を不快にさせるような強いにおいがでないように気をつければいいと思います。
その他 心因性口臭もあります。口臭を気にするあまり実際には臭わないのに口臭があると思い込み悩んでしまう場合があります。

 

以上のことから問題となるのは、病気によって発生する口臭です。

そのなかでも口の中の原因が口臭全体の90%以上を占めています。口臭が気になったら、まずは歯科医院で相談されることをお勧めします。

投稿者: ウエダ歯科クリニック

2019.10.15更新

朝晩は冷え込み、乾燥が気になる季節になってきましたね笑う
お肌がクリーム等で潤うと気持ちの良いものですよね。
お口の中も同じです。
パサパサしてつらいときには、口腔保湿剤を使用してみてはいかがでしょうか?

 

口腔保湿剤には主に、ジェル、スプレー、うがい液の3タイプがあります。

それぞれの特徴については基礎化粧品に例えると分かりやすいかもしれません。

ジェルタイプはいわば保湿クリーム。スーッと伸びてお口の潤いを保ちます。

スプレーやうがい液は化粧水のイメージ。水分がたっぷり含まれているので、瞬時に潤いを感じることができます。

保湿力が高いのはジェルタイプ!お口がパサパサしてお困りなら、まずはジェルタイプを使って潤いを実感してみてください。

 

一番肝心なのは、塗る前にお口の中に水分を与えておくことです。

ジェルを塗る前には、うがいをしたり、お水を飲んでお口全体を潤しておくことで、ジェルが粘膜に馴染みやすく、使用感がアップします!

 

当院にも口腔保湿剤をご用意しておりますので、お気軽にご相談ください。

2019.10

参考文献:nico(クインテッセンス出版)

投稿者: ウエダ歯科クリニック

前へ
  • 歯に関するお悩みはお気軽にご相談ください ▲…土曜午後は18:00まで ■…日曜午後は17:00まで  祝日休診歯に関するお悩みはお気軽にご相談ください ▲…土曜午後は18:00まで ■…日曜午後は17:00まで  祝日休診
    • お盆・お正月も休まず診療しております 0567-31-3902

      bottom_spimg02.png

    • 矯正・インプラントの無料相談も受け付けております 24時間WEB予約受付中矯正・インプラントの無料相談も受け付けております 24時間WEB予約受付中