スタッフブログ

2018.07.20更新

こんにちわflower2歯科助手の加藤です。

梅雨も明けて、毎日暑いですね。
水分補給をしっかりして、熱中症には気をつけてくださいね。

歯の健康を保つためには、水分補給と言っても水分であればなんでもいいという訳ではありません。

お茶やコーヒー、ジュース、清涼飲料水などを飲みすぎると、歯と口の健康を損なう原因になってしまいます汗


お茶やコーヒーは着色汚れになります。
そして、着色は歯の細菌の増殖を促すことになります。

清涼飲料水や、ジュースは、砂糖が多く入っています。


水分代わりにこれらを飲むと、虫歯や歯周病の原因になりかねません。

コーヒーやジュースなどは、あくまで嗜好品として楽しみ、水分補給はお水で摂取することをおススメします

投稿者: ウエダ歯科クリニック

2018.07.01更新

こんにちは。歯科医師の前川です。

私は日本口腔外科学会認定医で、口腔外科を専門としています。

 

口腔外科とは、口腔内の炎症・外傷・腫瘍などを専門に扱う分野で、主に市中病院などで目にすることが多いと思います。

私が口腔外科の疾患の中で、一番重要と考えているのは、口腔がんです。

口腔がんとは、口腔内に生じる癌の総称で、発生する部位により舌癌・歯肉癌・頬粘膜癌、口底癌などと呼ばれます。

これらは歯科分野の中でも数少ない生命に直結する疾患であり、口腔がんの9割以上が、歯科医院にて発見されます。

口腔がんは年々、発症数が増加しています。

 

がんの治療法は手術・放射線・抗癌剤などの化学療法などがありますが、口腔がんの場合は、手術が第一選択の治療となります。顔面が手術範囲となるため、術後の摂食障害、発音・構音障害、審美的な問題が生じやすい特徴があります。

口腔がんの治療において、最も重要なのは早期発見・早期治療です。癌は進行が早いため、治療が遅れるほど大きな手術が必要になり、術後の後遺症も重度になります。早期発見に寄与できるのは、日々の歯科治療です。適合の悪い被せ物や入れ歯も、口腔がんの発生に関与しますし、歯周病の治療や予防を行い、口腔内の衛生状態を良好に保つことも非常に重要です。

 

最近では、口腔がん健診の重要性も指摘されています。口腔内は、実際に目で見て確認できるという特徴があり、日々の検診や治療の中で発見することが可能です。定期的な受診が、口腔内をきれいに保つだけではなく、口腔がんの早期発見にも大切な役割を果たしています。

気になることがありましたら、ご相談いただけたらと思います。

投稿者: ウエダ歯科クリニック

2018.05.28更新

おはようございます。歯科助手の松山です。

 

もうすぐ6月ですね!6月といえば…6月4日は何の日かご存知でしょうか?

「6(む) 4(し)」の語呂合わせから、「虫歯予防デー・虫歯予防の日」と言われております。

そして、6月4日~10日までの1週間は、「歯と口の健康週間」と呼ばれています。

そのため、この時期に、幼稚園や保育園、学校での歯科検診を実施されるところが多いかと思います。

学校から「要治療」「要注意の歯があり」等の通知を受けましたら、歯科医院の受診をおすすめ致します。

特に異常がなかったお子様にも、当院ではフッ素塗布、シーラント(奥歯の溝をプラスチックで埋める虫歯予防処置)などの予防処置も実施しておりますので、お気軽にご相談くださいnico

 

もちろん、大人の方もご自身のお口の中を見直す良いきっかけにしていただければと思います。

痛みがないと、なかなか歯科医院の受診は躊躇してしまいますよね。

ですが、痛みが出る前の早期発見で、治療期間が短く済む場合もございます。

 

当院では歯ブラシはもちろん、歯間ブラシ、デンタルフロス、歯磨剤など多数の予防アイテムを取り揃えております。

患者様一人一人にあったアイテムをご紹介させて頂きますclover

クリーニング等のメンテナンスも承っておりますので、この機会に歯科検診を受けられてみてはいかがでしょうか?

投稿者: ウエダ歯科クリニック

2018.05.06更新

こんにちは。4月よりウエダ歯科クリニックで勤務する事になりました歯科医師の高橋です。

口腔外科を専門にしています。

 

みなさん口腔外科というとどのような印象をお持ちでしょうか?

埋まっている親不知を抜いたりといった事をご想像される方が多いと思います。

 

もちろん親不知を抜歯したりも行うのですが、そのほかにも顎関節症、口腔粘膜や唇の出来物の切除、顎の骨の中の嚢胞除去、スポーツなどで外力がかかり抜けてしまった歯の再固定、唇や粘膜が裂けてしまった場合の縫合など様々な処置をしております。

重症度によって大きな病院へのご紹介などへの判断も行います。

これらはあくまで一部ですが、みなさまも「これはどの病院に行くべきなのか、歯医者へ行けば良いのかわからない」などお困りの場合も多いかと思われます。

そういった時にもまずは、お話を聞かせていただき、歯科で治療できることは積極的にさせていただき、その他の病院への受診が必要なようであれば、ご紹介させていただくことも可能です。

そういった受診をしていただくことで口腔外科疾患でなくても受診の際に行う口腔検診で気がついていなかった虫歯の発見や歯周病の進行の有無など、お口の中のその他の状態の把握にもつながります。お口の健康が保たれるようになります。

 

なぜ、お口の健康が重要なのかと言いますと、近年、超高齢化社会とも言われるようになり、全身の様々な持病をお抱えになられる事も増えてくるかと思われます。その際に他院で手術やお薬の治療が行われる事があるかと思いますが、その前にお口の中の状態を整える、周術期口腔管理というものが必要になってくる事があります。あまりにも状態が不良ですと(症例にもよりますが)手術の延期などの可能性もあります。そうならないためにも普段からの状態の保持が重要になります。

 

まずは受診していただきお話を伺わさせていただくことから始まりますので、お気軽にご相談下さい!nico

投稿者: ウエダ歯科クリニック

2018.04.15更新

こんにちはni歯科衛生士の滝澤です。

早いもので4月も半月が過ぎましたね。新年度のバタバタも、落ち着かれましたか?

 

今回はPMTCについて、お話させていただきます。

PMTCとは、「プロフェッショナル メカニカル トゥース クリーニング」の略で、歯科医師や歯科衛生士の専門家による、専門的な機械や技術を使って行う歯面清掃のことです。

日常の歯磨きでは取りきれないタバコのヤニや、飲食物のステイン(着色汚れを除去することはもちろん、沈着した歯石やセルフケアでは落としきれない微生物の膜(歯垢、プラーク、バイオフィルム)を除去することで、見た目だけでなく、虫歯や歯周病の予防口臭予防にもつながります。

PMTCをすることにより、歯本来の自然な色を取り戻し、歯もツルツルになり、汚れがつきにくくなります。爽快感もありますよtoothglitter

PMTCを定期的に行うことで、審美的、口腔内の衛生面、健康面に効果があると考えられますnote

ご興味がございましたら、是非一度受けられてみてはいかがでしょうか?nico

尚、PMTCで歯面に着色したものを取り除いても、本来の歯の色が気になる方、もっと白い歯になりたい!という方は、オフィスホワイトニングやホームホワイトニングをされることをオススメしますheart3

2018.4

 

投稿者: ウエダ歯科クリニック

2018.03.16更新

こんにちは。歯科医師の二村です。

みなさん、歯周病という病気をご存知でしょうか?

以前は「歯槽膿漏(しそうのうろう)」とも呼ばれていました。

歯周病とは、名前の通り「歯の周りの病気」です。歯は周りの組織によって支えられています。

歯周病になってしまうと、それらの組織が失われて、歯がグラグラになってしまい、抜けてしまいます。

歯周病になる原因は、お口の中の汚れにあります。

普段、何気なく歯磨きをしていても、磨き残しの所が存在しています!

その磨けていない所が、長い時間をかけて歯周病を引き起こしてしまいます。

当院では、その磨き残しを減らすために、赤い染め出し剤を使用して、具体的にどの部分が磨けていないのか、実際に目で見て、確認してもらい、正しい歯磨きの仕方をご説明しています。

以下の5つの項目に心当たりのある方は、歯周病の危険信号なので、早めに歯科医院の受診をお勧めします!

《症状》

①歯磨きの時に、歯ブラシに血がつく。

②歯ぐきに痛みがある。

③歯がグラグラする。

④自然に歯ぐきから血が出る。

⑤口臭がある。

 

歯周病が悪化してしまうと、お口の中だけでなく、お口の中の歯周病菌が血液を介して全身に影響を及ぼし、脳卒中、気管支炎、糖尿病、心臓病、妊娠中の方は早産低体重児出産などを巻き起こす可能性が高くなってしまいますので、とても注意が必要です。

 

また、自分は歯周病ではなく健康だと思われる方も、暫く歯科医院に受診されていない方は、予防のためにも、一度検診をされることをオススメします!お気軽にご相談ください。

投稿者: ウエダ歯科クリニック

2018.03.01更新

こんにちはflower2歯科衛生士の冨田です。

今回は、当院での「お子さんの歯科検診」の流れについて、お話ししたいと思いますrabbit

 

当院では、お子さんのお口を見る前に、まず親御さんとお話して、歯医者に恐怖心がないか、必ず確認をしています。
問題がなければ、チェアーを倒し、お口の中を診せていただき、お子さんが出来そうなら染め出し剤で染色して、ブラッシング指導をしますleaf

お子さんが小さい場合は、親御さんに仕上げ磨きを指導させて頂きます。

歯磨きを終えたら、先生に虫歯が無いかチェックをしてもらい、フッ素を塗ったらおしまいですtoothglitter

歯医者に恐怖心のあるお子さんには、まずは歯医者は怖くない事を知ってもらう為、ブラッシング指導だけ。
帰りには、頑張ったご褒美をプレゼントしていますnicoheart3

どんなお子さんにも「ぜんぜんこわくない!」と思ってもらえるような雰囲気で接するよう、日々心がけています。(なので、私はずっと喋りかけています!笑)

もし虫歯治療となっても、お子さんの様子をみながら治療を進めていくので、ご安心下さいleaf

子供の恐怖心は、「何をされるかわからないから怖い」という所からきているので、使う道具をみせてあげたり、コミュニケーションをとることで、ほとんどの子が治療させてくれるようになりますglitter

お口さえ開いて頂ければ、少々泣いていても構いません!逆によく見える場合もあります(笑)
親にとって、嫌がる子供を病院に連れて行く事ほど骨の折れる事はありませんよね。。。
1歳半ぐらいになり、前歯がそろった頃からフッ素は塗れますので、恐怖心を持つ前から「かかりつけの歯医者」を持つことをオススメしますnicoheart3「そろそろかな!?」と迷われたら、お気軽にご相談下さいねnote2

 2018.3

 

投稿者: ウエダ歯科クリニック

2018.01.05更新

新年明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたしますglitter3

2018は戌年ですねdog愛犬家としては「戌年」というだけで、何だか特別な一年になりそうな気がしますnico

2018.12018.1

(今年の年賀状にはもちろん、愛犬ロナウドくんの写真をheart3

 

本年も地域の皆さまのお口の健康をお守りできるよう、スタッフ一同努めてまいりますので、よろしくお願いいたします。

投稿者: ウエダ歯科クリニック

2017.12.30更新

おはようございますflower今年もあと2日となりましたね。来年は「平成」で過ごす最後の一年です。来年も今年以上に、記憶に残る素敵な一年にしたいですねnico

当院は、年末年始も下記の通り診療しておりますので、急な痛みでお困りな際はご相談下さいleaf


《年末年始診療のご案内》

■12/30(土)〜12/31(日) : 12時30分まで診療

■ 1/1 (月)〜 1/2  (火) : 休診

■ 1/3 (水)〜 1/4  (木)   : 12時30分まで診療

■ 1/5 (金)〜       : 通常通り診療

 

それでは皆さま、良いお年をお迎え下さいglitter

投稿者: ウエダ歯科クリニック

2017.12.17更新

こんばんはstar副院長の上田です。

昨日から二日間、「日本歯周病学会60周年記念京都大会」に参加してまいりました。

2017.12

会場では、以前当院に勤めてくださっていた八木先生ともお会いしました。(現在は沖縄県那覇市の八木歯科の院長として大活躍されています!)

 

歯周病治療においては、近年、新たに骨再生療法に使われる薬剤(リグロス)の認可がおりたことで、より安全により効果的な治療が実現できるようになってきていることを改めて確認しました。今後、当院でも積極的に治療していきたいと思います。

投稿者: ウエダ歯科クリニック

前へ
  • 歯に関するお悩みはお気軽にご相談ください ▲…土曜午後は18:00まで ■…日曜午後は17:00まで  祝日休診歯に関するお悩みはお気軽にご相談ください ▲…土曜午後は18:00まで ■…日曜午後は17:00まで  祝日休診
    • お盆・お正月も休まず診療しております 0567-31-3902

      bottom_spimg02.png

    • 矯正・インプラントの無料相談も受け付けております 24時間WEB予約受付中矯正・インプラントの無料相談も受け付けております 24時間WEB予約受付中