成人矯正・小児矯正

成人矯正
小児矯正

成人矯正

成人への矯正治療において大切にしていること

当院で矯正治療の希望をいただいた際には、まずは矯正をするべきかどうかの確認から始めます。矯正治療にはメリットだけでなくデメリットも存在します。長期間にわたって矯正装置を装着することで、見た目の面で精神的なストレスを感じる方も少なくありません。矯正が終了した後に歯の根の部分が吸収されてしまっていた例や、歯ぐきが退縮した例など、綺麗な歯並びと引き換えに歯の寿命を縮める結果に繋がったケースも存在するため、矯正治療だけを行うことを考えるのではなく、他に考えられる治療法や、何も処置をせずに様子を見るという形も合わせて検討して、矯正をすることが最善の方法なのかを患者さまと共に熟慮した上で、具体的な治療計画の立案に入ります。現在では矯正装置が昔よりも目立たない形に変わったこともあって、成人矯正のニーズは増えています。歯の裏側だけにつける装置や透明なマウスピースによる矯正も一般的になっています。その背景にあるのは、患者さま一人ひとりの健康な美しい歯を求める意識の高まりです。初回の相談は無料なので、お気軽にお問い合わせください。

 
 

当院で採用しているデーモンシステムとは

当院の矯正治療でメインとなるのは、摩擦の少ない装置(ブラケット)とハイテクワイヤー(形状記憶と温度記憶合金で出来たワイヤー)を組み合わせて使う最新の歯列矯正システム「デーモンシステム」です。装置はワイヤーを縛り付けない構造になっており、従来のものよりも小さく目立たない形が好評いただいています。ブラケットとワイヤーの間のフリクション(摩擦抵抗)が少ないため、歯が動くスピードが速く、治療期間の短縮が期待できます。他の歯科医院では「金属のブラケット」「透明のブラケット」「デーモンシステム」で異なる費用を設定しているところが大半ですが、当院では全ての症例で「デーモンクリア」と呼ばれる透明なタイプを使用しており、費用も一律となっています。

裏側からの目立たない矯正ALIAS

歯の裏側に装置をつけるリンガル(裏側)矯正は、周りの人に気付かれずに歯並びを整えたい方や、接客業などで見た目の上の制約が多い方からの要望に応える矯正方法です。

当院では、舌側矯正の世界的権威である竹元 京人先生とジュゼッペ スクッゾ先生の共同研究によって開発された矯正システムALIASを使用しています。
舌側矯正は、きれいにならない、時間がかかる、痛い、話しにくいと思っていませんか?
ALIASはこれまでの舌側矯正のイメージを覆す新しい矯正です。

① 確実な矯正治療
従来では長方形であったスロット(装置についているワイヤーを通すミゾ)を正方形にすることで、ワイヤーとスロットの遊びが上下左右で均等にすることができるようになり、歯の移動をより効率よくできるようになりました。

 

② スムーズな歯の移動
従来では、ワイヤーを装置に結び付けるためにリガッチャーワイヤー(結紮線)やゴムを使用していましたが、ALIASでは開閉式ブラケットにしたことで、ブラケットとワイヤー間の摩擦抵抗(フリクション)を減らすことに成功しました。
摩擦抵抗を少なくしたことにより、弱い力でスムーズに早く歯を動かすことができ、患者さまの負担や、治療中の痛みなども大幅に緩和できます。

 

③ 違和感のない矯正
従来の裏側矯正治療では、歯科医師がワイヤーを複雑に曲げる必要がありました。その際歯科医師の技術次第で治療のスピードや治療結果に大きな違いがでてくる場合もあります。
ALIASでは複雑にワイヤーを曲げる必要のないストレートワイヤー法を採用しているため、合理的かつシンプルに治療を進めることができます。
また屈曲のないワイヤーを使用するため、舌感が良くなり、話しづらさも改善することが可能です。歯磨きもしやすくなり、口腔内を清潔に保つことができます。

インビザラインによる見えない矯正

インビザラインは、取り外しができるマウスピース型の装置を使って行う新しい矯正方法です。このマウスピース型のマウスピース矯正装置はアライン・テクノロジー社というアメリカの会社が1999年にアメリカから販売が開始され、これまでに世界中で340万人以上の方がこのマウスピースを使用した矯正治療を受けています。

患者さま一人ひとりの型にあわせて作った透明な板(アライナー)をご自身で正しい順序で付けていく方法で治療を進めていきます。矯正していることがほとんど人に知られず、痛みも少ないため近年人気が高まっています。アライナーの製作は外部によるものですが、設計と診断は当院の医師が責任を持って行っています。
インビザラインの特徴は以下の通りです。


・ほとんど気づかれずに歯並びを整えることができる
・必要なときには自分で取り外しが可能(1日20時間を目安に装着して下さい)
・来院回数を減らすことが可能(1ヶ月半~2ヶ月に一度)
・ワイヤーを使用しないため、金属アレルギーの方でも安心
・痛みが少ない(※痛みには個人差があります)

Before

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

After

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

小児矯正

お子さん自身のやる気が大切です

矯正治療はが子供にしてあげられる最高のプレゼントです。ところが、ご両親ばかりが治療に積極的で、お子さん本人の気持ちが伴っていないというケースが時々見受けられます。実際に装置を入れて治療を行うのはお子さん自身です。小児矯正においては、本人のモチベーションが治療の成功を左右します。まずは来院していただき、医師と一緒に鏡を見ながら、現在の歯並びの状態と、矯正をするとそれがどう変わってどのようなメリットがあるかについてわかりやすい言葉でお伝えし、お子さんに治療の必要性を認識していただくことから始めていきます。

矯正をスタートする時期

歯科矯正は、不正な状態の歯並びと噛み合わせを適正な形に誘導していくことを目的に行います。治療を始めるべき時期は、お口がどういう状態かによって異なります。反対咬合(受け口)の子については早めの治療開始が望ましく、4歳前後で治療をスタートすることをおすすめしています。場合によっては大学病院での手術が必要になるケースもあります。上顎前突(出っ歯)の子は7~8歳頃が目安となります。叢生(ガタガタの歯)の場合はあまり急ぐ必要はなく、8~9歳頃か、もう少し先の開始でも問題ありません。

総合的な視点から最善の治療法をご提案します

当院ではお口の状態はもちろん、さまざまな面をトータルで判断して、矯正専門の医院であれば「矯正が必要です」と言われるようなケースでも、医師がまだ早いと考えれば「治療はまだ必要ありません」とお伝えすることもあります。軽度の歯列不正で、削って詰め物や被せ物をするような形で歯並びを整えられる可能性がある場合は、それぞれの方法のメリットとデメリットを詳しくご説明して、ご希望に沿うものを選んでいただいています。矯正は病気を治すための処置とは異なり、取捨選択が可能な治療です。健康保険の適用外になるために治療費が高額になり、終了までに何年もかかるものなので、矯正だけを中心に考えるのではなく、総合的な視点から患者さまにとって最も良いと思われる治療方法を見い出すことを重要視しています。

Before

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

After

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

  • 歯に関するお悩みはお気軽にご相談ください ▲…土曜午後は18:00まで ■…日曜午後は17:00まで  祝日休診歯に関するお悩みはお気軽にご相談ください ▲…土曜午後は18:00まで ■…日曜午後は17:00まで  祝日休診
    • お盆・お正月も休まず診療しております 0567-31-3902

      bottom_spimg02.png

    • 矯正・インプラントの無料相談も受け付けております 24時間WEB予約受付中矯正・インプラントの無料相談も受け付けております 24時間WEB予約受付中