スタッフブログ

2021.03.01更新

歯の根の治療を受けるときに お口にゴムのシートを被せて治療を受けた経験のある方がいらっしゃると思います。

息苦しかったりして苦手な方も多いと思います。

でもこれは治療のための大事な下準備なのです。

お口の中にはあらゆる細菌が住みついています。それは湿り気や、栄養、酸素などが非常に細菌の繁殖に適している環境だからなのです。特に唾液には細菌が無数に生息しています。

ですから、本来、歯の根の中の神経や骨は、唾液とは直接触れない場所なので、無菌的なのですが、治療中に唾液が触れた時点で細菌が侵入し感染をおこしてしまいます。

歯の根の治療は根管内を可能な限り細菌を取り除こうとして治療しているのに、唾液に触れることで新たな細菌感染が起きてしまうのです。

そこで、そうした事態を防ぐのがラバータムの役割なのです。

患者様には慣れないうちは少し窮屈に感じられるかもしれませんが、ぜひご協力いただければと思いますglitter3leaf

投稿者: ウエダ歯科クリニック

  • 歯に関するお悩みはお気軽にご相談ください ▲…土曜午後は18:00まで ■…日曜午後は17:00まで  祝日休診歯に関するお悩みはお気軽にご相談ください ▲…土曜午後は18:00まで ■…日曜午後は17:00まで  祝日休診
    • お盆・お正月も休まず診療しております 0567-31-3902

      bottom_spimg02.png

    • 矯正・インプラントの無料相談も受け付けております 24時間WEB予約受付中矯正・インプラントの無料相談も受け付けております 24時間WEB予約受付中