スタッフブログ

2020.03.15更新

歯周病は、プラークとよばれる口腔内に繁殖したネバネバした細菌の塊によっておこります。したがって、歯周病を予防するには 歯や歯肉、口腔内を清潔に保つことがきわめて重要です。

歯周病の予防方法は、歯ブラシ、デンタルフロス、歯間ブラシ、ワンタフトブラシなど清掃道具を使って口腔内の清掃を行うことがもっとも効果的です。ただし、磨き方によってはプラークを残したままになってしまい、歯周病や虫歯を引き起こしてしまいます。
歯周病予防の洗口剤も販売されていますが洗口剤でうがいをしただけでは、歯周病の原因菌は死滅しません。
歯と歯肉の境目に潜んでいる歯周病菌は、多糖体でできたネバネバした物質を作り出し、バイオフィルムという膜を作り出します。そのため、洗口剤の殺菌作用が及ばず生き残る歯周病菌が出てくるためです。また、うがい薬を多用することによって、口腔内の健康維持に必要な「常在菌」と呼ばれる菌が減ってしまうことも考えられます。そこで、まずは正しい方法できちんと歯磨きをすることが何より重要です。

正しい歯磨きを行う上でのポイントは以下のとおりです。


1:できるだけ新しい歯ブラシを使う。
およそ2週間に1本、最低でも1ヶ月で交換されると良いでしょう。 


2:正しい力加減で磨く。
ごしごし強い力で磨くと、歯や歯肉を傷めてしまい、歯肉が退縮したり歯がすり減ったりしてかえって逆効果です。


3:歯ブラシを細かく動かすことを意識する。
歯周病の原因になるプラークは、ポケットと呼ばれる歯と歯肉のすきまに潜んでいます。そのため、細かく歯ブラシを動かし、1本ずつ歯と歯肉の境目を磨くように意識することが大事です。ごしごし歯ブラシを大きく動かして磨くと、磨き残しが出来るばかりか歯がすり減ってしまい、かえって歯の健康を損ねることになりかねません。

ちなみに当院では、定期検診毎に歯石除去などクリーニングの他、歯周病検査、歯磨きチェックと歯磨き指導もしっかりさせていただいております。

 

投稿者: ウエダ歯科クリニック

2020.03.15更新

2020.3

投稿者: ウエダ歯科クリニック

2020.03.01更新

こんにちは。歯科助手の松山です。
今回は、歯磨きの仕方はもちろんなんですが、むし歯が出来てしまう仕組みについてお話ししたいと思います。

甘いものを控えてるはずなのに、むし歯になってしまうとお悩みの方。
それは甘いものの《食べ方や飲み方》に問題があるのかもしれません。

飲食後、お口の中では、細菌の生み出す酸や飲食物の酸により、歯の成分が溶け出し(脱灰)その後、時間をかけて唾液が成分を歯に戻していきます(再石灰化)。
溶かす力が戻す力を上回る状態が長時間続くと、むし歯になります。

このとき、甘いものの「量」以上に、食べる「頻度や時間」が問題となります。

砂糖を含む飲食物の摂取回数が多くなるほど、それだけ歯が溶ける時間が増えるのです。
ひっきりなしに甘いものがお口の中にあると、唾液が歯を修復する時間が取れません。

ですから、飴を絶えず舐めてたり、砂糖を含むドリンクをチビチビ飲んでいたりすると、むし歯になりやすいのです。
野菜ジュースやスポーツドリンクなど、身体にいいとイメージをお持ちのものにも、意外にも砂糖は多く入っていますので、《食べ方や飲み方》に気を付けてみて下さいね。

投稿者: ウエダ歯科クリニック

  • 歯に関するお悩みはお気軽にご相談ください ▲…土曜午後は18:00まで ■…日曜午後は17:00まで  祝日休診歯に関するお悩みはお気軽にご相談ください ▲…土曜午後は18:00まで ■…日曜午後は17:00まで  祝日休診
    • お盆・お正月も休まず診療しております 0567-31-3902

      bottom_spimg02.png

    • 矯正・インプラントの無料相談も受け付けております 24時間WEB予約受付中矯正・インプラントの無料相談も受け付けております 24時間WEB予約受付中