スタッフブログ

2018.03.16更新

こんにちは。歯科医師の二村です。

みなさん、歯周病という病気をご存知でしょうか?

以前は「歯槽膿漏(しそうのうろう)」とも呼ばれていました。

歯周病とは、名前の通り「歯の周りの病気」です。歯は周りの組織によって支えられています。

歯周病になってしまうと、それらの組織が失われて、歯がグラグラになってしまい、抜けてしまいます。

歯周病になる原因は、お口の中の汚れにあります。

普段、何気なく歯磨きをしていても、磨き残しの所が存在しています!

その磨けていない所が、長い時間をかけて歯周病を引き起こしてしまいます。

当院では、その磨き残しを減らすために、赤い染め出し剤を使用して、具体的にどの部分が磨けていないのか、実際に目で見て、確認してもらい、正しい歯磨きの仕方をご説明しています。

以下の5つの項目に心当たりのある方は、歯周病の危険信号なので、早めに歯科医院の受診をお勧めします!

《症状》

①歯磨きの時に、歯ブラシに血がつく。

②歯ぐきに痛みがある。

③歯がグラグラする。

④自然に歯ぐきから血が出る。

⑤口臭がある。

 

歯周病が悪化してしまうと、お口の中だけでなく、お口の中の歯周病菌が血液を介して全身に影響を及ぼし、脳卒中、気管支炎、糖尿病、心臓病、妊娠中の方は早産低体重児出産などを巻き起こす可能性が高くなってしまいますので、とても注意が必要です。

 

また、自分は歯周病ではなく健康だと思われる方も、暫く歯科医院に受診されていない方は、予防のためにも、一度検診をされることをオススメします!お気軽にご相談ください。

投稿者: ウエダ歯科クリニック

2018.03.01更新

こんにちはflower2歯科衛生士の冨田です。

今回は、当院での「お子さんの歯科検診」の流れについて、お話ししたいと思いますrabbit

 

当院では、お子さんのお口を見る前に、まず親御さんとお話して、歯医者に恐怖心がないか、必ず確認をしています。
問題がなければ、チェアーを倒し、お口の中を診せていただき、お子さんが出来そうなら染め出し剤で染色して、ブラッシング指導をしますleaf

お子さんが小さい場合は、親御さんに仕上げ磨きを指導させて頂きます。

歯磨きを終えたら、先生に虫歯が無いかチェックをしてもらい、フッ素を塗ったらおしまいですtoothglitter

歯医者に恐怖心のあるお子さんには、まずは歯医者は怖くない事を知ってもらう為、ブラッシング指導だけ。
帰りには、頑張ったご褒美をプレゼントしていますnicoheart3

どんなお子さんにも「ぜんぜんこわくない!」と思ってもらえるような雰囲気で接するよう、日々心がけています。(なので、私はずっと喋りかけています!笑)

もし虫歯治療となっても、お子さんの様子をみながら治療を進めていくので、ご安心下さいleaf

子供の恐怖心は、「何をされるかわからないから怖い」という所からきているので、使う道具をみせてあげたり、コミュニケーションをとることで、ほとんどの子が治療させてくれるようになりますglitter

お口さえ開いて頂ければ、少々泣いていても構いません!逆によく見える場合もあります(笑)
親にとって、嫌がる子供を病院に連れて行く事ほど骨の折れる事はありませんよね。。。
1歳半ぐらいになり、前歯がそろった頃からフッ素は塗れますので、恐怖心を持つ前から「かかりつけの歯医者」を持つことをオススメしますnicoheart3「そろそろかな!?」と迷われたら、お気軽にご相談下さいねnote2

 2018.3

 

投稿者: ウエダ歯科クリニック

  • 歯に関するお悩みはお気軽にご相談ください ▲…土曜午後は18:00まで ■…日曜午後は17:00まで  祝日休診歯に関するお悩みはお気軽にご相談ください ▲…土曜午後は18:00まで ■…日曜午後は17:00まで  祝日休診
    • お盆・お正月も休まず診療しております 0567-31-3902

      bottom_spimg02.png

    • 矯正・インプラントの無料相談も受け付けております 24時間WEB予約受付中矯正・インプラントの無料相談も受け付けております 24時間WEB予約受付中